新レサ・旧レサの連結間隔比較

KATO レサ10000系 鮮魚特急「とびうお・ぎんりん」に連結間隔の事でコメントしたが、よく見てみると新たな事実が・・・。
a0008522_2141244.jpg

左が旧製品(以下旧レサ)をカトカプに換装したもので、右が今回発売の新製品(以下新レサ)。
旧レサの方が連結間隔が狭く見えるが・・・・。


a0008522_2145395.jpg

あれあれ?

新レサの連結間隔が狭くなった?!


a0008522_2153823.jpg

その原因は、赤で囲った部分にありました。
なんと、床板が0.4mm位(?)短く、ボディが前後にスライドしてしまうのでした(旧レサにはほとんどガタはありません)。
最初は気が付かずに旧レサよりも1mm位連結間隔が広いと思ってorzしていたのですが、実は単純に間隔が広がっているということではなく、床板とボディのガタのせいで最大1mm位違いが出る「こともある」ということなのでした。

ただ、これって全部新レサで編成組んだとしても、連結間隔が揃わないということに・・・(自分は新旧混ぜちゃうだろうからそもそも合わないだろうけど)。
細かいこと気にしすぎといえばそうなんですけどねw
[PR]
by hiro_uhe | 2006-11-09 02:16 |
<< 旧レムフ引退 久しぶりに工作 >>