早く逢いたかったYO!

昭和40年代~50年代前半位の山陽~九州をメインターゲットとしている私としては、これは絶対に外せないでしょう!

というわけで、昨日(日付的にはもう2日前になるが)の会社帰りに、KATOのキハ82系6両基本セットを買ってきました。
昨日は疲れていて早々にダウンしてしまったので、今日嫁が寝静まるのを待っていよいよご対面。
a0008522_2155131.jpg

両脇にTOMIXのHGクハ481-0とHGクハネ581を従えたキハ82の雄姿


ちょっと下膨れな顔つきのイメージもよく捉えていて惚れ惚れします。
TOMIXのHGな車両と並べても見劣りしません(ベンチレータが屋根と一体成型なところ以外)。

製品のインプレッションは、ごん氏が詳しくされているのでいまさらここに書くつもりはないですが、気になった点をいくつか。
・動力は音が大きめなだけでなく、低速があまり効かない。
 →ハズレを引いたのか?馴染ませればよくなるのか?
・説明書通りにヘッドマークを外したら、デフォルト装着の白鳥の縁の銀メッキがボロボロに・・・・。
 →ボディーは簡単に外せるので、裏から押して外した方が全然ラク(1枚傷物にしてから気が付いた・・・)


この価格でここまでの出来なので、満足度はかなり高いです。
ただ、動力に関しては今のところ、新機構に関して生産が確立されていないためなのか個体差があるよう(某掲示板)で、ウチのもイマイチだったのが残念でした。
時間がある時に分解して、調整できる要素がないか探ってみるとしますか。
[PR]
by hiro_uhe | 2005-06-30 03:00 |
<< スニ41(その1) 待ちに待ってたのよ >>